ほじょ犬(ジェシーちゃん)と過ごした貴重な体験

定員を大幅に超える人気の親子ボランティア体験事業です!
①ほじょ犬 登場前

 7月23日、関市内の親子38組89人が、ほじょ犬に出会い、
 
 自分にできる、または親子でできるボランティア活動について学びました


 ほじょ犬「ジェシーちゃん」の登場でーす
②ほじょ犬 登場
講師:NPO法人日本動物介護センター


子どもたちの代表が順に車いすに乗り、ジェシーちゃんにお手伝いのお願いをしてみます。

まず、はじめのお願いは・・・・

冷蔵庫を開け、水筒を取り出してください。(お願いします ジェシーちゃん)
③代表 女の子

うまく受け渡しができるかなー
④代表 女の子1


いつものように任務完了だワン!
⑤代表 女の子2

次は僕のお願いを聞いてください!
⑥代表 男の子


この日、ジェシーちゃんは靴下や靴をはくお手伝いを披露してくれましたよ。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


参加した親子は、はじめて出会うほじょ犬にとても興奮し、そのしぐさや仕事ぶりに
感動していました。


残りの夏休み、今日の出会いをきっかけに、親子でできるボランティア活動に
取組んでいただければ幸いです。


スポンサーサイト

福祉の仕事フェアー

寄りそう幸せ、支える幸せ、それが福祉・介護の仕事 

  平成26年7月13日(日)に、岐阜市文化センターで開催された「平成26年度第1回福祉の仕事就職フェア」に参加しました。福祉の仕事に就きたい方を対象にした就職合同説明会です。
 県内から91の事業所が参加し、それぞれのブースで求職者へ事業所の説明や相談にのります。今回は約100名ほどの来場者があり、多くのブースで真剣に話を聞く姿が見られました。

              NCM_0026 WEB用  

 関市社会福祉協議会もブースを設け待機しましたが、残念なことにあまり多くの人には来てもらえませんでした。
参加者のほとんどは学生で正規での雇用を希望しているため臨時職員を募集してる関市社協への関心が薄かったので
はないかと思っています。 
 また、関市社協自体のPRも足りなかったのではないかとも思います。盛んに呼び込みをする事業所や机にPR品を並べた事業所など、どこの事業所も面談者獲得にいろいろ工夫してみえました。
 「第2回の福祉の仕事就職フェア」が来年2月に予定されています。事前にPR活動を検討し次回は多くの方と面談し福祉の仕事の楽しさややりがいがお伝えできるようにしたいと思っています。
 
         NCM_0029.jpg  
         ブースはこんな感じ。面談者のお越しを待っていました。

   関市社会福祉協議会では非常勤ヘルパー等を随時募集しています。
   福祉の仕事に関心がある方がお気軽にわかくさ介護ステーションまでお問い合わせください。

ふ・く・しの先生を目指して

「ふ・く・しの先生」と聞いて、みなさんはどんなイメージをもたれるでしょうか。

社協は、小学校や地域の団体から依頼を受けて、福祉に関する出前講座を行っています。

「車いすはどうやって使うの?」「高齢者疑似体験セットを体験したい」
「手話や点字はどうやってやるの?」「ふれあいサロンって何?」「福祉って何?」
・・・その依頼はさまざまです。

依頼を受けた担当者は、学校側のねらいや中期的な目標を確認しながら、
一つのことを心掛けてプログラムを提案します。

それは・・・「地域の人を巻き込んで福祉の授業をしよう」

「地域の子どもは地域で育てる」という標語を見たことがありますが、福祉をキーワードにそれが実現できれば、福祉のまちづくりが広がるような気がします。

このまちに暮らしていてよかったと思える地域づくりに一人ひとりが主体的に関われるといいですね。

福祉教育サポーターがそのきっかけになれるよう、講座を実施していきます。

暑中見舞いを作ったよ(^^)v

~障がい者のみんなと楽しむ~
障がい者サロン「暑中見舞いづくり」

今年度、第1回障がい者サロンとして、みんなで暑中見舞いづくりをしました
今回の講師は“関有知高校 生活福祉科”のみなさん

参加者10組、講師の生徒さんと先生、ボランティアさんを含め、総勢50人ほどで行いました
jigyou1.jpg
こんな感じで作りました・・・

作品をひとつ紹介・・・
suika1.jpg
   開けてビックリの暑中見舞い
suika2.jpg
ほかにもいろいろ・・・すべて生徒のみなさんのアイデアです

数人の“職人的”生徒が細かい部品づくり・・・
syokunin1.jpg
この職人的なハサミ使い・・・さすが刃物の町“関市”の生徒・・・
syokuninn2.jpg
カブトムシ・・・これを一気に
実物は、長さ3cmほどの細かい作業足は数ミリ単位

多くの生徒さんは、作り方指導だけでなく、サロンの雰囲気も明るくしてくれました
参加者のみなさんも大喜び
sakusei2.jpg
大変楽しく、しかも見事な作品ができあがりました。
sakuhin1.jpg
みなさん、日頃お世話になっている方々に、感謝の気持ちを込めてつくっていただきました。
なかなか手書きで感謝の気持ちを綴ることが少なくなった昨今・・・みなさん照れながらも喜んでいただけました

関有知高校生活福祉科のみなさん、ボランティアのみなさん、ご協力ありがとうございましたm(__)m

次回は8月30日に、自由参加型のサロンを行う予定です。
場所は、関市総合福祉会館1階の生活訓練室です。
お問い合わせは、関市社会福祉協議会事務局までご連絡ください。

プロフィール

sekisishakyo

Author:sekisishakyo
地域で暮らす誰もが安心して住み続けられるよう、地域住民とともに福祉による人づくり、組織づくり、まちづくりを推進します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR