☆中部学院短期大学部のボランティアさん☆

先日、中部学院大学短期大学部2年生の横山さつき先生のゼミ生さん4名と、
社会人ボランティアさん2名が、いきがい活動支援通所施設である「いちょうの家」に、
リラクゼーション・ケアマッサージとわびさびセラピー体験のため、訪問してくださいました。
DSC04683.jpg

リラクゼーション・ケアマッサージは、オイルで腕をマッサージしながら、
お話をして、リラックスした気分を味わってもらうもの。
DSC04710.jpg
DSC04697_20140922125625595.jpg

わびさびセラピーはお抹茶を点ててもらい茶菓子と一緒に頂き、お花を活けて晴れやかな気分を満喫。
DSC04698.jpg

体験された方からは、「あまりこういう体験はないけど、マッサージは気持ちよかった~(^^)」
「お抹茶を頂くなんてひさしぶり。おいしかった!」
などと、とっても好評でした☆
DSC04689.jpg

この日は夏がひと段落して穏やかな気候のなか、夏の疲れを癒すとても素敵なリラックスタイムとなりました。
ボランティアしてくださった横山先生、ゼミ生やボランティアの皆様、本当にありがとうございました!!
スポンサーサイト

親子で作成!防災マクラ研修会☆彡

皆様、今月の初め、9月1日防災の日であったとご存知でしたでしょうか?

先月の27日、防災の日を前に、
関市赤十字奉仕団主催による「防災マクラ研修会」が開催されました。
防災マクラ①

対象は小学生の親子(おじいちゃんおばあちゃんも可)ということで、
当日は13組の小学生とお母さん、おばあちゃんが参加されました。

「防災マクラ」とは?
いざという時、着替えなどが入った防災頭巾にもなるマクラのことです!
使用するのは、バスタオル、タオル、手ぬぐい、巾着袋、シャツ・パンツ・靴下等非常時の着替え等・・・ふだん見慣れたものばかり。
防災枕②
  「わー着替えや歯ブラシ・・・結構色々入るんだね!?」


まずは、タオルのどの位置に何を縫い付けるか確認して・・・
防災枕③



さて、さっそくタオルに着替えなどの中身を縫い付けていきます。
防災枕④


難しいところはお母さんに手伝ってもらったりしながらも・・・
防災枕⑤


皆さん一生懸命つくってました!
防災枕⑥

防災枕⑦

防災枕⑧

防災枕⑨

防災枕⑩

防災枕⑪

防災枕⑫

防災枕⑬

防災枕⑭

防災枕⑮

防災枕⑯


さて、頭巾部分本体ができたら
防災枕⑰


取り付けるヒモの位置を確認しながら
防災枕⑱
  「ちゃんと首の部分に合うようにして、前に斜めに・・・」


ヒモを縫い付けていきます。
防災枕⑲


防災枕⑳
  「おばあちゃん、しっかり守らないとって気持ちは分かるけどちょっと僕苦しいなぁ(笑)」

防災枕㉑
  「どう?似合う~?」


反射テープもしっかり付けて
防災枕㉒

防災枕㉓


ライトもフエも付いてるよ!
防災枕㉔
万全だね!

防災枕㉕
  「いざという時はふえを吹いて助けを呼ぶんだよ。」


防災枕㉖
皆さん上手にできたね!!


他にも、
風呂敷でつくる非常持ち出し袋や
防災枕㉗


ビニール袋でできる雨ガッパのつくり方も教えてもらいました。
防災枕㉘


参加された皆さんの感想は・・・

「ここで(防災マクラ研修会で)作ったので災害があっても安心だとおもいました。」

「大変良い経験になりました。家族の分も作り、いざという時に備えたいと思いました。作業もそんなに難しくなく良かったです。ビニール袋のカッパや風呂敷のリュックも良かったです。」

「思いがけない物を利用して頭巾ができおどろいた。」

「かんたんだったのでまた家でも作りたいです。」

「手作りの防災頭巾は色々な日用品が入りとてもすごいと思いました。ありがとうございました。」

「大変だったけど作ってみてよかった。家族の分も作ってみたいと思いました。」

「親子1組につき指導して下さった方が1人はついて下さってとてもわかりやすかった。子どもも楽しそうに取りくんでくれたと思います。(別の企画で)またやってほしい。」

「親子で参加できて良かったです。手の届く所に置いておこうと思います。」


・・・などなど、とても反響が良かったようです。

関市赤十字奉仕団の皆様ありがとうございました!!

福祉教育サポーター誕生!

「ふくしの先生」として学校へ行き、児童生徒の学びを支援する福祉教育サポーター養成講座が先日修了しました。
ボランティア活動のきっかけづくりとして6月に実施した「福祉のまちづくり講座」受講生も含まれており「何か始めたい!」という気持ちを福祉教育サポーターという活動に結びつけることができました。

「安全に車いすを取り扱う練習をしています」
車いす取扱い

「高齢者疑似体験セット」の装着方法を学び、装着した状態で新聞を読んだり、文字を書きました。高齢者疑似体験①

福祉教育サポーター養成②

福祉教育サポーターの活躍は随時ブログで紹介していきます。

板取中学校の生徒が地域の高齢者のみなさんと一緒に防災訓練

板取中学校を避難所と想定した訓練です

まずは、炊き出しです
日赤奉仕団とPTAの皆さんのご協力で、生徒がおにぎりと豚汁の炊き出しを準備してくれ、全員でいただきました
炊き出し
おいしかったよ

食事の後は中濃消防組合板取出張所所長さんの防災に関する講話です
防災の講話
福島へ支援に行った時のお話で、支援物資で一番喜ばれたのはラップだそうです
残り物を包んでよし、傷などの応急手当て、寒いときには体にグルグル巻いて寝たりとか


つづいては応急処置の訓練です
高齢者のみなさんが怪我人となり、骨折した人には添え木を当て三角巾で固定したり、切り傷にはガーゼを当て包帯を巻いたりなど、状態に合った応急処置をしてくれました
応急手当1

応急処置


最後に先生より、もしも災害がおきた時、板取中学校の生徒を頼ってくださいと頼もしいお言葉をいただきました
プロフィール

sekisishakyo

Author:sekisishakyo
地域で暮らす誰もが安心して住み続けられるよう、地域住民とともに福祉による人づくり、組織づくり、まちづくりを推進します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR