関市で岐阜県ボランティア・市民活動フェスティバルが開催されました!

平成28年12月17日(土)に「岐阜県ボランティア・市民活動フェスティバル」が開催されました

IMG_8974.jpg


今年度は、関市が開催地となり関市内からも多くの方にご参加いただきました
また、「関市ボランティア・市民活動連絡協議会(せきボラ協)」のみなさんには、岐阜県内からの参加者を
お出迎えいただき、受付のお手伝いなども一緒に行っていただきました

ありがとうございました

今回のフェスティバルでは、メイン会場の関市文化会館を含め分科会会場として、JAめぐみの、わかくさ・プラザも
使用し行われました

メイン講演終了後には、4つの分科会に分かれ各テーマについて学習しました
第1分科会
「子どもへの支援を広げていくために」

第2分科会
「住み慣れた地域の暮らしをサポートする「生活支援ボランティア」」

第3分科会
「世代を超えた交流の輪」

第4分科会
「避難所のためにできるボランティア活動」

IMG_8991.jpg

IMG_8978.jpg


第4分科会の様子

第4分科会では、避難所で実際に起こっている問題を取り上げ、私たちにはなにができるのかを
みなさんと一緒に考えていきました

他分科会でも、とても充実した学習ができました

ご協力いただきました、みなさまありがとうございました

スポンサーサイト

関市に広がる五郎丸ネットワーク会議の輪

~介護サービス事業所と住民活動をつなぐ~
今話題沸騰中の関善光寺の五郎丸にちなみ、人と人をつなぐためのネットワーク会議として『五郎丸ネットワーク会議』を開催!

介護が必要になっても住み慣れた地域で継続して暮らしていけるよう、安桜地域の関係機関・団体代表者が集まり、介護保険サービスと住民サービスを包括的かつ継続的に提供していくためのネットワーク会議を開催しました。


IMG_0420.jpg


ネットワーク構築には、相互の役割や活動を理解することが必要であり、各機関・団体の目的や事業・活動等について報告し意見交換を行いました。


IMG_0431.jpg


参加したケアマネジャーからは「日頃から顔を合わすことが多い民生委員さん達の活動でも、意外と知らないことも多くあったね・・・、日々勉強です。」との声もあり、今後は勉強会も含めたネットワーク会議を開催していきたいと思いました。

会議のまとめとして、住民相互が「つながる場」づくりを推進していくことで各機関・団体が抱える問題・課題の解決につながることを共通認識することが出来ました。
今後は、この会議を継続開催しネットワークづくりから始めていきたいです。


IMG_0421.jpg


《開催テーマ》
安桜住民が住み慣れた地域で生活を継続していくために、住民相互がつながる場としての小地域たまり場づくりを考える。

《参加団体》
安桜地区民生委員児童委員協議会、自治会連合会安桜支部、老人クラブ連合会、関市社会福祉協議会(支部社協、福祉委員、生活支援コーディネーター)、ケアマネジャー、第1地域包括支援センター


干し柿づくりの珍道中!

甘くて柔らかい、丹精込めた『干し柿づくり』

食欲の秋到来! 秋と言えば「松茸」「焼き芋」そして『干し柿』です。

関市中央第1包括支援センターの裏庭でできた渋柿を収穫し、11月中旬から干し柿づくりを始めました。
IMG_1602.jpg

干し柿づくりについては素人の私たち4人は、来所するお年寄りの皆さんから手ほどきをいただき、試行錯誤の中の挑戦でした。

「カビの発生を防ぐために干した柿にアルコールを吹きかけて消毒しなあかんよ」「柔らかくするためにしっかり手で揉まなあかん」などのアドバイスをいただきながら、見事大粒の干し柿が出来上がりました。
IMG_1613.jpg

雨降りには軒下に入れ、晴れたときは陽当りが良く風通しの良いとことに出したりと、休憩時間のわずかな時間を利用しながらの作業は大変でしたが、楽しいひと時を過ごすことができ、皆さんにおいしく食べて頂きました。

皆さんも新しいことに挑戦してみてはいかがでしょうか・・・
IMG_1610.jpg
プロフィール

sekisishakyo

Author:sekisishakyo
地域で暮らす誰もが安心して住み続けられるよう、地域住民とともに福祉による人づくり、組織づくり、まちづくりを推進します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR