FC2ブログ

災害発生!あなたはどうしますか?

 10月27日(日)に、板取運動公園で防災訓練が行われました。年1回行われる関市総合防災訓練にて、社会福祉協議会は、災害ボランティアセンターの設置訓練を行っています。
 災害ボランティアセンターを聞いたことがある方もみえると思いますが、災害ボランティアセンターが設置された後の流れについて説明したいと思います

 災害ボランティアセンターは、災害発生後、親族や地元住民等の力だけでは復興することが難しく、ボランティアの受け入れが必要な災害・被害があった場合に、設置されます。

 IMG_5629.jpg


 ①受付
  まず、受付では、ボランティアをしたいと希望される方の受付をします。氏名や生年月日、持っている資格などを申込書に記入してもらいます。
IMG_5636.jpg


 ②活動紹介
  受付が終わった方には、ボランティア依頼がきている活動を紹介します。
 例)水に浸かったため、家の中の清掃をしてほしい。家の掃除をしている間、子どもの面倒をみてほしい…など。
  活動紹介をするスタッフは、ボランティアさんに頼みたい活動をボランティアの人数や状況に応じて調整していきます。ここで、ボランティアとして活動する場所や依頼内容を確認します。
IMG_5637.jpg

 
 ③オリエンテーション
  その後、活動紹介で紹介されたボランティアを行うために、注意事項の説明があります。
 例)こまめに水分補給をし、体調には気を付けて活動すること。活動には責任を持って活動を行うこと…など。
  また、ボランティア活動に必要な資材(一輪車、スコップ、ほうき等)があれば、ここで貸出をします。
IMG_5642.jpg

 
 ④活動報告
  活動が終わってボランティアセンターに戻ってきましたら、ボランティア活動の状況を報告します。依頼された内容が全部終了したか、または引き続きボランティアに来てもらう必要があるかどうか、などを報告します。
IMG_5648.jpg

ボランティアが実際にどのような活動をしているかは、9月24日のブログに掲載してありますので、そちらも参考にしてください


  
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sekisishakyo

Author:sekisishakyo
地域で暮らす誰もが安心して住み続けられるよう、地域住民とともに福祉による人づくり、組織づくり、まちづくりを推進します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR