FC2ブログ

傾聴(けいちょう)ボランティアってご存知ですか?

関市には、傾聴ボランティア活動を行っている団体があります。

その名は「中濃傾聴ボランティアの会」


先日、その団体が主催した講座がありましたので、少し報告いたします。

傾聴ボランティアの心構え
 ①話す相手が主人公 
 ②会話は話し手が7割、聴き手は3割 
 ③反論しない・批判しない・非難しない
 ④結論は相手に出させる


傾聴ボランティア日頃、地域の一人暮らしの高齢者宅や福祉施設などの利用者に対し、相手に寄り添って、心の交流を図ることを目的とした、お話し相手をする活動を行っているそうです。

そして、講座の中で行われたグループワークを紹介します。

「クルーザー物語」
 ①お話しを読んで、登場人物5人について好感が持てる順に1~5まで順位をつける
 ②そして、なぜその人がその順位なのか、簡単な理由をかく
 ③グループ内で、意見交換しグループ内での順位を決める
 ④グループごとに、順位を発表していく
 
 
(物語の内容は省略)  参考文献 星野欣生『人間関係づくりトレーニング』P20~27 金子書房

過去に同じワークに参加したことがありましたが、その時、私は自分の考えに全く自信がなく、他のメンバーが出した答えを参考にしながらの、消極的なものでした。

今回のワークは、どのグループも盛り上がり、その続きを場所を変え、喫茶店へ行ってやりたくなるほど・・

クルーザー物語で得られたことは・・・
みんなで何かを決定するということは、それぞれの意見の相違や価値観の違いもあって、難しい時もあります。でも違いがあるからこそ、お互いの話をしっかり聞くうちに、新しいことに気付いたり考えが深まったりします。相手を受け止める心を持つことの大切さを学びました。
 

クルザー物語に参加してみたい方? ではなく、傾聴ボランティア活動に興味・関心のある方は、ぜひ、関市ボランティアセンターへお問い合わせください

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

クルーザー物語v-361面白そうi-185

クルーザー物語

クルーザー物語、一度挑戦したいです。ボラセンで企画しますか、ぜひ連絡ください。
プロフィール

sekisishakyo

Author:sekisishakyo
地域で暮らす誰もが安心して住み続けられるよう、地域住民とともに福祉による人づくり、組織づくり、まちづくりを推進します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR